自分ファースト論「世界平和より自分・自国ファースト」

  • 2020年1月11日
  • 2020年12月18日
  • 哲学
  • 4view

どうも、武信です。(No447) 

 

2019年6月7日の記事かな。(2018年かも。記憶が定かではありません)

 

僕は今まで世界平和というか、日本の国益について考え、政府やメディアらを潤してきました。

 

僕の本「フィクサーによる日本の教育改革本」はその一例ですし、実際に僕が本を書き始めたのと連動して、教育改革が始まっています。

 

つまり、僕は現実に本当に、メディアらや政府に貢献したということです。

影響力があるとも言えます。

 

ですが、これには致命的な欠陥があります。

僕自身が実益を何も得ていない点です。

 

この点について、詳しく深堀りした話をしていきますので、気になる方は続きをお読みください。

 

短く、サクッと読める内容です。

 

 

1 ひろゆきの動画の要約。

 

まず以下の動画を貼ります。

 

 

簡単に要約します。

 

ひろゆきは「自分より下の人を見ることが幸せになる近道だ」といいます。

 

比較対象を、「自分より下の人」に設定するのです。

ダメな人を見た方が、幸せになるのです。

 

なぜなら、上の人を見ても真似できないし、なれないので、劣等感を感じるからです。

 

ただし、世の中全体のことを考えると、こういう人が増えるとマズイです。

社会全体のレベルが下がるからです。

 

ですが、「底辺の人が、社会全体のことを考えてどうするの?」といいます。

政治家や金持ちが、社会を憂うのはいいことです。

 

「自分に余裕のない、自活のできない人が社会や他人を憂いてどうするの?」ということです。

 

「社会を良くすることで、自分の環境を良くしたい、変えたい」というのはOKです。

 

利権団体は、「自分たちが金が欲しい」であり、それはOKです。

 

社会を良くしたいという社会正義という、誰かの利益を代弁していない人の正義は、自分に余裕がないのだとしたら、「大丈夫なの?」と思われるでしょう。

 

「まず、自活できるようにした方がいい」と言われます。以上、ここまで。 

 

2 僕の意見。

 

僕は人生、誤りました。

 

それはメディアらや国や利益団体など、日本や社会を良くしたい人たちに騙されて、そそのかされて、僕の能力をこき使われたという意味においてです。

 

メディアらが盛んに「頑張れ」と期待している、と勘違いして、僕は日本のために政策立案や、企業のために企画案など考えるなどしました。

 

つまり、以下の記事で書いた、「意図的な詐欺師に騙された場合は自己責任原則を超える」という話にもつながります。

 

「意図を持った詐欺師に騙されるのは、自己責任の範疇(はんちゅう)を超えているという話」というタイトルです。

日本は無責任?「意図を持った詐欺師に騙されるのは、自己責任の範疇(はんちゅう)を超えているという話」

 

メディアらは僕を、意図的に騙しましたし、僕は若かったので、詐欺に引っかかりやすかったのです。

 

メディアらは僕をいいようにこき使い、社会が日本が良くなるという利益を得ました

 

また、メディアらの人たちも潤いました

ですが、僕自身は何も実益を得ていません。

 

つまり、騙されたというわけです。

20代で、社会との接点がなかった僕は、騙されたのです。

 

僕はせっせと自分の利益や自活のためではなく、メディアや国の利益や社会の利益のために、能力をこき使われたのです

 

もちろん、僕の自発的な活動になっていますが、メディアらの意図的な誘導によるものなので、騙しになるわけです。

 

そして、僕はもうこの誘いには乗る気はなくなり、ここ数年は自活のために動きはじめました。

ですが、まだ達成できていません。

 

ここで、タイトルに戻ります。

世界平和より、自分・自国ファーストだよと。

 

トランプ大統領はある意味、正しいのです。

いや、正しくないですね。

 

金持ちや政治家は社会を良くするために、つまり、世界平和も視野に入れてもいいでしょう

 

国益は大事ですが、正解平和という視野もあってもいいはずです。

 

ですが、自活もできていない余裕のない人、つまり、僕も含めての人達が、世界平和や社会のことなんて考える必要はないのです

 

ZOZOの前澤さんのような金持ちが世界平和を語るのはいいんですよ。

 

余裕があるから、世の中を良くした方が自分の利益にもなりますし、他人を支援しても、自分は脅かされないですからね。

 

ですが、自活もできていなく、余裕のない人が世界平和や世の中のことを考える必要はないんですよ。

 

でも、皮肉ですね。

世の中を良くする能力が、僕のような、まだ自活もできていない人にあり(知識面で)、前澤さんのような金持ちで、余裕のある人にはまだないというのだから。

 

前澤さんは影響力を持ちたいと言って、ツイッターやnoteを始めたり、月に行くと言い始めたんでしょ。

 

世の中を良くする能力と影響力がないけど、金と余裕はあるわけですね。

 

まぁ、政治家やメディアらのエリートの人たちが能力が足りないので、僕も奮闘した感はあります。(騙された割合が大きいですけどね。活躍できる、奮闘できるのなら、頑張りたくなるのが人間ですから、そこを突かれたのです) 

今は僕は、影響力だけはかなり高まりましたが、実益はありません。

 

僕は今後、自分ファースト、自活路線で生きていきます

社会問題については、国やメディアら、あなたたちが考えてください。

 

能力があるから、エリートなんでしょ?

 

「僕は実益を得ていなく、金も得ていないのに、なんでこんな立場やらされないといけないんだ!」ということです。

 

日本は特に、エリートの能力が低いです。

あのようなセンター国語試験を課している時点で、エリート養成失敗です。

 

まぁ、僕はもう知りません。

とはいえ、僕を特別待遇している理由が、メディアらや政府や利益団体らの利益になるからであり、僕が彼らのために活動しなくなったら、おそらく特別待遇をやめるでしょう。

 

僕は別に特別待遇はされなくてもいいですが、まぁ2割ぐらいの労力は今までの活動を続けてもいいかなと思ってます。

 

ですが、8割はもう自活のために使います。

 

今後は、自分ファースト・自活ファーストを強く胸に刻んで活動したい所存です。

 

それは自分の収入を考えるということであり、自分のファンのためだけに、ファンのためには頑張るという意味です。

 

利益を与えず、搾取ばかりするメディアらや政府や利益団体には2割しか使いません。(2割も使うのは、妨害行動をされるのを防ぐためです。用無しになったら、殺されるかもしれないので)

 

また、せっかく、過去、ここまで世の中に貢献してきたので、その証拠や軌跡をブログに残すのは大事だと思い、ブログ更新中です。

 

僕のブログ記事を全部、読めば、実力・能力が上がり、知識が増えるようになっています。(読解力があるのなら)

 

無料で、貢献しています。

 

僕のブログが広まった方が、日本の国力が向上するはずです。(しかし、日本のエリートは、この僕の知識を独り占めしたいか、または自分らのメディアで発信することで潤うとしています。自己中な奴らなのです。人の成果を横取りしまくりです)

 

ではこの辺で。(3187文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

最新情報をチェックしよう!