自律神経がおかしい人へ!「過去、僕が罹った病気・持病を全部、紹介し、皆さんの予防や助けになることを願って公開します!」

  • 2020年12月14日
  • 2021年3月1日
  • その他
  • 17view

どうも、武信です。(No988)

 

以下の記事で、僕の持病の症状について詳しく説明していますが、今回の記事で、僕が過去に罹ったであろう病気や持病について詳しく書きます。

 

自律神経がおかしい&恐怖症の治し方&ストレートネックの治し方「僕の症状から考察する」

 

僕の罹った病気は他の誰かにも罹る可能性はあり、「予防や助けになれば」という思いから執筆します。

 

興味がある人は続きをお読み下さい。

 

 

1 僕の過去、罹った病気・持病。

 

1 ストレートネック。

 

ストレートネックは、おそらく中学2年ぐらいから始まっており、長らくストレートネックとは気づかず、膨大に無駄な治療をしてしまいました。

 

重度のストレートネックになると、何が起こるかというと以下です。

 

1 血流が悪くなる。(冷え性はもちろん、自律神経もおかしくなり、自律訓練法も効かなくなります)

2 常に違和感、不安感がでる。

 

ストレートネックの治療には、以下の枕を毎日使うことで、だいぶ改善しています。(毎日のことなので、枕は最強ツールです)

 

天使の深睡眠マクラBOOK (バラエティ)

 

よほど酷い日は以下の首枕を巻くことこもあります。(最近、これをつけなくて済むようになっています)

 

山田朱織のオリジナル首枕Plus Value Box ([バラエティ])

 

2日に1回、湯船につかるときは、必ず、首回し運動をやっています。

 

これをこなすことで、二度と、首が不調にならないよう、最新の注意を払っています。

 

 

2 自律神経失調症。

 

自律神経も僕の場合、中学2年から始まり、「長年のストレスで完全にいかれてしまった」と思われます。

 

今でも、毎日、自律訓練法をやって、体調管理を徹底しています。

 

自律訓練法のやり方は以下。

 

自律訓練法のやり方「冷え性解消&ストレス解消などに効果あり」

 

広電(KODEN) 電気 あんか 平形 ピンク 無地 省エネ 温度調節 コンパクト 16cm×23cm×5cm VAH-6A-5

こちらの商品は温度調節が絶妙で、強にしてもそんなに熱くありません。

 

冬には、お腹の上に(服着てる)ずっと載せたまま、眠れるほどです。(僕の場合は、低音やけどは一切しませんでした)

 

皆さんは使う時は自己責任でお願いします。

 

電気アンカーを使うと、自律神経が整う気がします。

 

身体が悪いと、自律神経に影響するので、毎日必ず、肩甲骨運動・肩回し運動、たまにマッサージをやっています。

 

食事・運動・睡眠にもかなり気をつけています。

 

運動は以下の記事に書いたとおり、週に2回は必ず、インターバル即歩をしています。

 

運動と読書の習慣化テクニック「僕が週に2回、毎回1時間、約7300歩(週に合計約1万4600歩)

 

3 パニック障害。

 

パニック障害を患っていると長年、思っていましたが、どうやらストレートネックと自律神経がおかしいことによって、身体に異変を常に感じており、「だからこそ心も不安になるのだ!」と気づきました。

 

身体と心は連動しています。

 

僕の場合、身体がおかしくなり、そうなると心も不安になり、「心が不安になると、身体もますますおかしくなる」という悪循環に陥っていました。

 

今は、身体がよくなったので、心はそこまで不安にならなくなりました。

 

ホリエモンが言っていましたが、身体が丈夫・頑丈な人は、「不安にならないし、細かいこともあまり気にしない」ようです。

 

身体が頑丈だと、心境的にはおそらく「死ぬこと以外かすり傷」になるのでしょうね。

 

身体が頑丈じゃないと、些細なことで「大丈夫か?」と不安になりやすいです。

 

僕は厳密なパニック障害はもしかしたらなっていないかもしれません。

 

仮になっていたとしても、今はある程度、乗り越えたと言えるでしょう。

 

4 冬季うつ病。

 

最近、気づいたのが冬季うつ病の可能性です。

 

以下の記事に詳しく書かれています。

 

「冬季うつ」見逃すな まず日光浴びて運動は無理せず

 

「甘いものや炭水化物が食べたくなって体重が増え、朝起きられなくなり日中も眠気に襲われる―」という症状が冬季うつ病を疑う兆候だそうです。

 

僕はある程度、該当します。

 

甘い物や炭水化物(お菓子)をかなり食べていますし、昼間、異様に眠いのです。

 

昼間、眠いのは「僕のクロノタイプが夜型だからか?」と思っていたのですが、冬季うつ病の可能性が出てきました。

 

解決策は日光を浴びることであり、簡単にできます。

 

「日光を毎日、浴びること」を実践しようと思います。

 

これによって、間食がかなり減れば痩せますし、眠気も減って、もっと活動的になれるかもしれません。(試します)

 

世の中、病気や何か異変が起きていた場合、因果関係があり、何かしらの原因があるのです。

 

それを取り除いたり、解消・改善すれば、良くなるのが一般的です。

 

1週間以上、日光を浴び続けましたが、多少、眠気が続いていました。

 

で、以下の理由が原因かもしれないと思い、現在、試しています。

 

5 カフェイン中毒?

 

人生変わるカフェイン断ち入門

 

 カフェインをかなり断ってから、1週間以上になります。

 

以前は、朝1杯のコーヒー、朝4杯の紅茶を飲み、さらに昼や夜にも紅茶を飲んでました。

 

正直、カフェインをかなり摂っていたと思います。

 

今は、朝1杯の紅茶と、水だけにしています。

 

外で買う飲み物系も、天然水か、麦茶に変えました。(コーヒーは一切、飲まなくなりました)

 

カフェインを経つことの効果は、上記のDaiGoの動画で話されています。

 

僕は、今、実験中です。

 

結果は追記するかもしれません。

 

6 咳喘息。

 

咳喘息は、100日咳とも呼ばれます。

2~3週間、ひどいときは数カ月、慢性的にが続く気管支の病気だそうです。

 

気管支喘息のほうが重度であり、要注意です。

 

僕は、病院に行き、吸入ステロイド薬を吸ったら、だいぶ改善しました。

 

まぁ結局は、原因は思い込みとストレスだと医者に言われ、「あまり気にしないように!」と強く言われ、そのうちに治りました。

 

7 不眠症。

 

熟睡できないのは「マットレス」が原因です

 

僕は、軽い不眠症の気があります。

 

夜、薬を飲まないと眠れません。(薬を抜いて試したら、眠れなかったので、確かでしょう)

 

薬を飲んだ上で、上記で紹介したストレートネック用の枕を使い、さらに自律訓練法もやることで、眠れています。

 

マコなり社長の勧める「マットレス」も効果がありそうですが、僕にとっては値段が高すぎるので、保留中です。

 

金があったら、即座に買いたいモノです。

 

また、ある不眠症の女性に聞いたところ、あずきのチカラという電子レンジで温めると温かくなるモノを、首の下に置くと、すぐに寝てしまい、「長年の不眠が解決した!」と言っていました。

 

例えば、以下のような商品があります。

 

桐灰化学 あずきのチカラ 首肩用 100% あずきの天然蒸気 チンしてくり返し使える 1個

 

僕は、昼寝の際、USB式のホットアイマスクを使っていますから、「なるほど!」と納得でした。

 

以下のようなホットアイマスクがありますね。

 

AOYATE ホットアイマスク usb 電熱式

 

 

8 身体醜形障害。

 

 

以下の記事に詳しく書かれています。

 

不安がつきまとい…自分の外見を過剰にチェックする理由と対処法

 

詳しくは記事を読んで下さい。

 

僕も該当します。

 

治療法は何でしょうかねー。

 

とりあえず、痩せることでしょうか。(ダイエットがなかなか成功しません)

 

9 軽度肥満。

 

僕は現在、ちょいポチャ程度の肥満状態です。

 

まぁ腕を筋トレしたり、インターバル速歩などをしているので、筋肉質な面はあるかもしれません。

 

「ダイエットしなければ!」とずっと思っているのですが、なかなか痩せません。

 

原因は間食のしすぎであり、食べすぎだと分かっていながらも、止めることができません。

 

で、「救いの神よ!」という感じで、以下のDaiGoの動画を見ました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=2-SCAuM-7cM

コロナ予防できる上に痩せる【神サプリ】

 

コロナに罹るリスクを減らし、冬太りも防ぐことができるサプリです。

 

ビタミンDだといいます。

 

詳しい因果関係などの説明は動画を見て下さい。

 

DaiGoが紹介したビタミンDは品切れだったので、僕は独自に以下のサプリを買いました。

 

 

 

ビタミンDはちなみに10歳以下の子供には使ってはいけません。(子供には使わないように!)

 

番外編。緑内障。

 

最後に、これは僕は現在、病気ではないと思われますし、過去、病気に罹ったこともないですが、「罹ったら怖い」ですし、「将来、罹る可能性もありえるな」という緑内障を紹介します。

 

【病気】緑内障になるとどんな生活になるのか?【マンガ動画】

 

詳しくは動画を見て下さい。

 

また、以下の動画で、ブルーライトが以下に有害か?が語られています。

 

 

他にも、超常刺激が4つ、詳しく語れていますので、興味がある人は動画を見て下さい。

 

さらに、40代以降になれば、白内障についても気になる点ではあります。

https://gentosha-go.com/articles/-/31952

 

詳しくは記事を。

 

ではこの辺で。(3971文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

最新情報をチェックしよう!