ホリエモンの学校の宣伝?「AbemaTVのドラゴン堀江」

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No465) 

過去記事です。

今回の記事は、TV番組(AbemaTVですが)というものの正体を暴く内容です。

TV番組は人々の注意を惹き、視聴率を稼ぐために、過剰な演出ややらせが横行していると僕は思っています。

最近では、イッテQのやらせが発覚したようです。

また、以下の記事にあるように、TBSの「モニタリング」にまで波及しそうだという噂もあるようです。

「「イッテQ」ヤラセ騒動で「TBS「モニタリング」現場がお通夜状態」宣言!」というタイトルです。

https://www.asagei.com/excerpt/116347

それはともかく、TV番組の内実を、今回はホリエモンの東大受験企画番組であるリアルドラゴン桜と謳う「ドラゴン堀江」で、仮説を立ててみたいと思います。

気になる方は続きをお読みください。

1 ホリエモンのセンター試験の結果による演出。

ホリエモンの東大受験企画番組は、「ドラゴン堀江」というタイトルであり、リアルドラゴン桜がキャッチフレーズであり、謳い文句です。

Youtubeでも公開されています。(消されたようです)

3回目まで放送されており、僕は全話、見ました。

3話目では、ホリエモンのセンター試験の結果が出ました。

国語 200点中86点

数学1・A 100点中16点

数学2・B 100点中0点

僕はこの結果を見て、怪しい、と直感的に思いました。

まず、ホリエモンは過去、ニコニコ動画で、英語と国語は85%ぐらいは取れていたと言っていたからです。

数学だけが懸念点だと、自己分析していました。

となると、国語は古文、漢文が得点源であり、得意なようなので、現代文がどんなにできなくても、100点は超えるとみるのが筋でしょう。

ホリエモンは国語力が基礎であり、読解力・理解力の企画(絵本など)をやろうかなと言っていたぐらいですから、国語の成績がここまで壊滅的なのもなんかピンときません。

数学に関してはさすがに、ここまで酷い点数になるのでしょうか?

予告では「全てを忘れていた」とありましたが、そうなると復習だけでかなり時間を取られ、センター試験まで残り60日で、ギリギリ間に合うかどうか?勝負どころでしょう。

僕はこれは、番組を面白くするための演出だと睨んでいます。

なぜか?というと、英語の点数が公表されていないことも一因です。

英語はおそらく、かなりできていたのだろうに公表していません。

そして本気を出していない?国語と数学の悪い点数だけを映してます。

これがまず、怪しすぎるということです。

そして、この壊滅的な点数から挽回したら、番組上、面白いです。

さらに、ホリエモンがこの点数だったと言い張るなら、誰も検証できません。

後で挽回すれば、イメージも大して傷つきません。

なら、点数低めにしておいた方がいいよねってなります。 

2 ホリエモンは本気で受かろうと思っている企画だろうが、仮に落ちても大してダメージない。

次に、僕はこのドラゴン堀江は本気の企画だと思っています。

理由は受からなかったら、坊主になるというペナルティがあることと、ホリエモンのイメージが傷つくからです。

ホリエモンは高校を作ろうとしており、その宣伝にもタイミングが合致しています。

「ホリエモンが作る行動する高校「ゼロ高」が10月に開校へ ロケット開発や和牛生産」というタイトルです。

https://japan.cnet.com/article/35123108/

ホリエモンや弟子3人が東大に受かれば、大いに宣伝になります。

仮に全員落ちたら、どうなるでしょうか?

ネット記事では、叩かれるでしょう。

ですが、善戦したとなればイメージはそこまで傷つかず、ホリエモンの高校に入ってみたいという人も増えそうです。

つまり、この企画はホリエモンにとって、失うモノがあまりないのです。

ホリエモンが落ちたら、叩かれますし、坊主になりますが、それが何だというのでしょう。

もう既に失敗だらけの人であり、仮にここにもう一つ失敗が加わっても大してダメージなさそうです。

とにかく、善戦すればいいのです。

もちろん、結果主義者の人からは猛烈に叩かれます。

または、ホリエモンがもし自分のプライドを本気で賭けて勝負したいのなら、もし1人でも東大に落ちたら、ホリエモン高校を開くのを辞めますと言えばいいのです。

これを言われれば、「ああ、ホリエモンは本気で受かる気だ」と多くの人は見ます。

ペナルティが坊主って、女性の場合はきついでしょうが、軽すぎます。

本気度が、伝わってきません。

まぁ、ホリエモンも本気で受かりに行くと思いますが、落ちても大してダメージがなさそうだというのが僕の予測です。

ネット記事では、かなり叩かれて、書かれるでしょうけどね。

何だかんだ言って、この番組は見てしまいますね。

TV番組の演出や、やらせなどの意図は理解できたでしょうか?

あくまで、僕の仮説ですけどね。

後日談。

結果は全員、落ちました。

ホリエモンも弟子3人も誰も坊主にならず、ペナルティすらありませんでした。

これで第二弾をやろうと最終話で言ってましたが、信用性ないでしょうね。

まぁ、ホリエモンには何のダメージもない企画です。

本気でやっていたと書きましたが、今では本気とは言っても、時間が限られており、「効率よくやる本気だ」と考え直しました。

時間を大幅に確保して、受かる気はなかったのです。

ではこの辺で。(2502文字)

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・Youtube動画などを基にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

最新情報をチェックしよう!