芸能人の裏「村上信五が小島瑠璃子との熱愛を否定「お付き合いはしてません」について」

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No551) 

2017年の記事です。

芸能ネタから、普遍性を追求してみました。

過去に書いた記事の焼き直しの普遍ネタですが、具体例が芸能ネタになっている点がいつもと違うでしょう。

興味がある人は、続きをお読みください。

短く、サクッと読める内容です。

 

1 記事の紹介。

まず、以下の記事をお読みください。

「村上信五が小島瑠璃子との熱愛を否定「お付き合いはしてま…せん」というタイトルです。

http://news.livedoor.com/article/detail/13854694/

「村上信五が小島瑠璃子との熱愛を否定「お付き合いはしてません」というタイトルで書かれています。

他にもこんな記事が。

「関ジャニ∞の村上信五が熱愛を否定 回答内容に「ジャニーズなのに斬新」というタイトル記事です。

http://news.livedoor.com/article/detail/13857337/

この番組の動画部分も見ました。

うろたえたり、挙動不審になっている部分は、ほぼ見られませんでした。

ですが、僕はこういう類の言葉ほど、信用できるものはないと思っています。

週刊誌に撮られた状況によると、以下のようです。

村上信五と小島瑠璃子のフライデー画像!まさかの熱愛お泊まり愛にネット騒然! – LDs 沈黙の読書~librosdelsilencio~

以下、サイトから引用、抜粋。

f:id:yababiji2:20171107171633p:plain

これだけの証拠がありながら、何もなかったというのは、かなりの確率であり得ないことだと言えると思います。

2 僕の記事の紹介と僕の主張。

僕は以下の記事で、高い可能性の出来事と、低い可能性の出来事について述べています。

「外れ値の話と起きたことしか信じない人の話」

https://hontonomedia.com/statisticalbiasoutliersandthosewhoonlybelievewhathappened/

さらに、文字通りに受け止めるな!という記事も書いています。

目に見える世界(史実にせよ)だけが真実じゃないという内容です。

「文字通りに受け取るな!PART1」というタイトルです。

https://hontonomedia.com/emperorstudieshowtoincreaseyourcommunicationskillsdonttakeitliterallypart1/

今回のスキャンダルは小さい出来事だと思いますが、それでも公式の発表と真実とは食い違っている可能性が、かなり高い事例だと思われます。

こんな小さな出来事から大きな出来事まで頻繁に、「目に見える世界」(史実や公式発表など)と「目に見えない世界」(ドロドロ内幕や真実など)は大きく食い違っているのです。

正直、「目に見える世界」だけを信じている人は、お気楽人種だと思いますね。

さらに他の記事では、やはり恋人関係にあったのでは?と推察しているものもあります。

「関ジャニ村上信五が小島瑠璃子との交際を否定 ジャニーズ事務所に焦りか」というタイトル記事です。

http://news.livedoor.com/article/detail/13857727/

3 カトパンとさんまさんの記事の要約と僕の主張。

次に、以下の記事がありました。

「カトパン、さんまとのデート報道一蹴「ちゃんと言っておいたほうがいいかなと」というタイトル記事です。(消されたようです)

簡単に要約します。

フリーアナウンサーの加藤綾子とさんまさんが、NYデートをしたと報じられたのですが、単にスタッフたちと食事に行っただけと釈明してました。以上、ここまで。

僕はこれは本格的な恋愛の可能性は、かなり低いと推測しています。

さんまさんには気が合っても、カトパンには恐らく気がないでしょう。

カトパンも恋愛、結婚するなら、もっと若い男性がいいと思っていると思います。(いくら、さんまさんが金持ちだろうと)

このように、報道やスクープにも大雑把に分けて、「可能性の高いモノ」と「可能性の低いモノ」があるのです。

「公式発表や目に見える世界」だけを盲目的に信じていると、騙されるというか、「真実とは違うよ」という教訓話でした。

ではこの辺で。(1981文字)

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・Youtube動画などを基にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

最新情報をチェックしよう!