有名人・芸能人と付き合うとはどういうことか?

どうも、武信です。(No834)

 

「有名人・芸能人と付き合うとはどういうことか?」というタイトルから連想して、「交際することか!」と妄想する人がいるかもしれません。

 

ですが、今回の記事は、付き合うという言葉を「異性との交際を指すだけでなく、友達や話し相手として付き合う」も含めていますので勘違いしないようにお願いします。

 

では、「有名人・芸能人と付き合うと、いったいどういうメリット・デメリットがあり、どういう状態になるのか?」を詳しく分析・考察しましたので、興味がある人は続きをお読みください。

 

1 有名人・芸能人と付き合う際のメリット・デメリット

 

まず、有名人・芸能人と付き合う際のメリットを述べます。

 

ちなみに、ここでは

1 一般人(いわゆる、普通の人)と、

2 有名人・芸能人(知名度があり、金が比較的あり、能力も高めで、外見も比較的良い)と

単純に2分化します。

 

本当は、一般人と有名人・芸能人という区分は僕はあまり好きじゃないのですが、話を単純化して進めるため、敢えて定義化します。

 

一般人が有名人・芸能人と付き合えたなら、恩恵はいろいろあります。

 

それは有名人・芸能人の情報が入ってくることですし、または深く仲良くなることができれば、その人脈界隈に入れることです。

 

ですが、基本的には、有名人・芸能人の人脈網は変な人を入れないようにガードされており、検閲が入ります。

 

ですので、一般人といえども、芸能人・有名人と同等レベルの魅力ある人じゃないと、基本的には相手にされません。(表面上の浅い付き合いぐらいなら可能かもしれませんが、深い付き合いには至りません)

 

有名人・芸能人同士の付き合いは、比較的、よく見られます。

 

なぜなら、一般人と有名人・芸能人が付き合うと、弱みを仮に握られたら、週刊紙に持ち込まれるリスクがありますし、お互いの魅力が釣り合っていない場合、わざわざ、有名人・芸能人側に一般人と付き合うメリットがないからです。

 

そして、有名人・芸能人同士は、お互いの事情をよく分かっており、週刊紙に持ち込むリスクも双方、避けそうですし、お互いの魅力も釣り合っているケースが多いので、付き合うメリットは大きいのです。

 

DaiGoの情報によれば、有名人・芸能人が一般人と交際というニュースがあっても、その一般人とは普通の人ではなく、「プロ一般人であり、社長などの立場があるか、能力や魅力が高いケースばかり」とのことです。

 

人間はお互いに魅力が釣り合っている者同士が付き合うので、一般人と芸能人の交際という言葉をそのまま額面通りに受け取ってはいけないということです。

 

ちなみに、僕の記事では、友達や話し相手程度も、付き合いに含めていますので、一般人と芸能人がその定義上で付き合うとしたら、浅い関係では成り立つかもしれません。

 

次に、芸能人・有名人と付き合う際のデメリットを述べます。

 

特に、旬の有名人・芸能人との付き合いに当てはまりますが、「常に注目を浴びる、または週刊紙などにマークされるという点」がデメリットです。

 

「え?」それは、有名人・芸能人だけがマークされるだけで、「その周辺の人達は関係ないのでは?」と思った方は見方が甘すぎます。

 

当然、旬の有名人・芸能人の周辺の付き合いの人の情報もある程度は、収集されます。

 

週刊紙の場合、異性関係であれば弱みやスキャンダルになりそうなので、狙います。

 

友達付き合いレベルであれば、そこまで探らないかもしれません。(ただし、不正や金の匂いがあれば、やはりスキャンダルになるかもしれないので、狙います)

 

つまり、旬の有名人・芸能人と付き合うということは、「その周辺の人達(一般人含む)も、ある程度のプライバシーや情報を奪われるのは仕方ない」ということが言えます。

 

これを受け入れた上で、旬の有名人・芸能人と関わりたいと思うかどうか?ですね。

 

デメリットよりも、メリットの方が多いと思ったなら、付き合うのもありでしょう。

 

デメリットの方が大きいと思ったら、付き合わなければいいだけです。

 

これが、僕の考える、有名人・芸能人と付き合うメリット・デメリット面です。

 

他にもまだ、あるかもしれません。

 

2 僕の事例。

 

ここで、僕の事例に、このテーマを応用します。

 

有名人・芸能人の例はちゃんと表に公表されており、わかりやすい話です。

 

ですが、ここで、僕の事例を絡ませると複雑になり、わかりにくくなります。

 

例えるなら、僕がフィクサー(影の影響ある人)であるとしたら、表舞台ではまったく有名ではなく、知る人ぞ知る人、つまり、一部の人達に知れ渡っている人材になります。

 

フィクサーと僕が主張しても、ほとんどの人は「そんなわけがない!」「病気だ!」という反応をします。

 

それはそれで、僕は別にかまいません。

 

ですが、僕が仮にフィクサーだというのが本当だと仮定してみましょう。

 

僕と付き合う(異性、友達、話し相手)ということは、有名人・芸能人と同じレベルのメリット・デメリットが生じることになります。

 

僕の膨大な情報を得られるメリットもありますし(人脈は別として)、僕と関わることにより、プライバシーが一部の人に知られてしまうことになります。

 

僕がフィクサーであることを隠して付き合うのもありだとは思いますが、それは誠意がないとも言えるでしょう。

 

なので、僕は長い付き合いになりそうな相手には、僕のブログを教えたり、フィクサーであることを暴露することもしました。

 

そのうえで、僕と今後も付き合いを続けるかどうか?相手に判断を委ねたのです。

 

中には、僕のことを「病気だ!」と思い、付き合い続けた例もありますし、または僕のことを信じ、「フィクサーや芸能人か」と認めつつも、付き合ってくれた人もいます。

 

僕はきちんと話していますから、誠意があります。

 

「病気だ!」と認識した人は、もはや自業自得ですよね?

 

僕との付き合いで、プライバシーが侵害されるのが嫌な人は去っていくでしょう。

 

で、プライバシーは多少は侵害されますが、それ以上のメリットを感じる人は僕との付き合いを続けるでしょう。

 

このように、表立った有名人・芸能人との付き合いに注意を向けるだけでなく、「隠れ実力者が世の中にはいる」と思って、過ごした方がいいということになります。

 

もし隠れ実力者なのに、その人に対して、横柄な態度を取ったり、見下したりしたら、その人は後で酷い目に遭う可能性もあるのではないでしょうか?

 

とりあえず、TV局やメディア系や政府などからは、隠れ実力者に横柄な態度を取ったことにより、相手にされない、軽視される存在になる可能性は残ります。

 

もちろん、TV局やメディアや政府らと、関係なく、疎遠に、遠い立ち位置で生きていくつもりなら、関係ない話でしょう。

 

しかし、これらの機関を利用して、出世したり、関わらざるを得ないとなったら、出世の道は閉ざされる可能性すらあります。

 

その人の言動は丸裸にされており、出世させるにふさわしくないと、これらの機関が判断したら、そうするからです。

 

なので、人生の防衛策として、どんな人にもあまり横柄な態度は取らないのが大事と言えます

 

隠れ実力者と遭遇する確率は低いですが、まったくないわけではないですから。

 

今回は、「有名人・芸能人と付き合うとはどういうことか?どういうことになるか?」の考察記事になりました。

 

参考になれば、幸いです。

 

3 フリーメイソン・イルミナティの例。

 

最後に、フリーメイソン・イルミナティの例を挙げておきます。

 

以下の動画に詳しいです。

 

フリーメイソン・イルミナティに勧誘された時の話 というタイトルです。

 

やまもとりゅうけんさんが、過去に、フリーメイソン・イルミナティに勧誘されたときの実話です。

 

このイルミナティという組織は、秘密結社であり、この組織にふさわしい人物しか入れません。

 

この組織に入ることができれば、極秘情報が得られるかもしれません。

 

ですが、入会するための選別が厳しそうです。

 

有名人・芸能人界隈の人脈網も、これと似ており、人脈網に入るのは至難の業といえます。

 

変な人を入れたら、人脈網が崩壊する可能性がありますからね。

 

と書いていましたが、DaiGoによると「フリーメイソンはエンタメであり、存在しない」とのことでした。

 

また、異業種交流会にも否定的です。

 

人脈探しの場ですが、凄い人が人脈探しなんてしません。

 

ガッキーが結婚相談所に行くわけがありません。

 

なぜなら、ガッキーがいるだけで、出会いが始まるからです。

 

イルミナティがわざわざ遠い場所に人脈探しに行く理由がありません。

 

実は、僕はこの点について、罠だと睨んでいました。

 

イルミナティに僕を勧誘し、口封じのため、つまり「僕を契約書などの秘密保持契約で、暴露を止められない!」と政府らが考えており、存在もしないイルミナティに代わりに入れてあげて、ありもしない偽の極秘情報を僕に教え、それで「僕が暴露しないように持っていこうとしていたのでは?」仮説です。

 

よく考えてみると、僕が頻繁に見ているりゅうけんさんの動画でタイミングよくイルミナティの話題が出てくるのもおかしな話です。

 

僕を騙そうとして、政府らが画策した疑いが濃厚です。

 

僕はすぐにこういうのは見破っていたのですが、敢えて、話に乗ってみました。

 

ではこの辺で。(4066文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

最新情報をチェックしよう!