アドバイスが欲しいときに誰の意見を聴くべきか?問題「アドバイスを聴くべき相手を間違えると致命傷になる!」

どうも、武信です。(No975)  

 

僕は以前の記事で、フレネミーに惑わされて、かなり迷惑をしたという記事を書きました。

僕への偽メールを送った犯人は誰か?

 

上記の人物は、以下の特徴がある人だと述べました。

1 ASD(自閉症スペクトラム障害)の人。

2 自己中の人。

3 フレネミーの人。(またはDaiGoがよく言うカバートアグレッション)

4 プライドが高い人。

詳しくは記事をお読みください。

 

で、またこの人物関連で、2020年11月8日に揉め事が起き、うんざりしたので、記事化します。

 

この人物(以下、フレネミーと呼びます)は、僕とつながっているある知り合いをライバル視していました。

フレネミーは僕と縁が切れてから、フレネミーと僕と共通の知り合いの人と、まだ関係が続いており、その知り合いはフレネミーと縁が切れていませんでした。

ある意味、板挟み状態です。

 

僕も、もうフレネミーは極力、忘れようと思いましたし、フレネミーも僕のことを忘れていると思っていました。

ところが、陰ではある事態が進行していたのです。

ここからはあくまで推測になります。(知り合いの件は推測も混じりますが、後半のフレネミーのミスリード案件は事実です)

興味がある人は続きをお読みください。

 

1 フレネミーの陰謀。

フレネミーは知り合いを元々、ライバル視していました。(張り合っていたということですし、さらにその知り合いについて、めちゃくちゃ悪口を言っていました)

ですが、僕とフレネミーの縁が切れて、今度はフレネミーとその知り合いがつながり、僕に対抗してくるようになりました。

 

その知り合いは元々、かなりの結果主義者であり、中身で判断する能力がなく、権威などを盲信するタイプです。

僕が無職なら、当然、ブログの努力などまったく認めません。

 

で、フレネミーの狙いは、僕とその知り合いを仲違いさせ、離れさせることです。

フレネミーからしたら、その知り合いだけが僕と接触しているのは面白くないのです。

 

そこで、フレネミーは一計を案じ、知り合いにいろいろと吹き込み、僕との関係を悪化させる方向に誘導しました。

 

僕は前から、「フレネミーの言うことは真に受けない方がいい!話半分に聴いた方がいい!」と散々言っていたのに、その知り合いはまんまとフレネミーに騙され、洗脳され、僕との関係が悪化し、僕は11月8日に知り合いと縁を切りました。

 

その具体的やり取りは以下です。

 

その知り合いの知人(仮にBくんと呼ぶ)がいて、その知り合いは言うのです。

「知的能力を学習能力だとしたら、Bくんを100点としたら、僕は2、3点だ」と。

 

僕は「そこまで差はさすがにないだろう?」と言っても、一向に認めず、僕を平均点以下どころか、かなりの無能扱いしたのです。

僕は言いました。

「普通、知り合いの関係って、お互い、ある程度のリスペクトありきじゃないと続かないよね?」と。

尊敬はされなくても、せめて尊重ぐらいはされないと普通は関係を続けたいと思わないでしょう。

 

この能力についての知り合いの評価は僕はまったく的外れだと思いますし(せめて、いくら酷くても30点か40点はあるだろうと)、「ここまで見下されて、関係、続けたいと思う人いるのですか?」と言いたいです。

 

また、知的能力を学習能力だけに限定するのもおかしな話で、想像力や創造力やクリティカルシンキングとかいろいろな尺度があるわけです。

その知り合いは「知的能力の大部分は学習能力だ!」と反論してきましたけどね。

 

で、「学習能力が高い!」と前から豪語していたのは、フレネミーの人だったので、「何か吹き込まれたのだな?」と予想がつくわけです。

 

仮にフレネミーに悪意があり、その知り合いが誘導されて騙されたとしても、僕ではなく、そのフレネミーを信じ、選んだわけですから、僕からしたら、「人を見る目がない」で終わりですね。

 

また、些細な、僕をミスリードした件についても書きます。

 

その知り合いからしたら、「僕は偉そうに見える」らしく、それはおそらく、僕が無職であり、だからこそ「身分相応に振るまえ!」ということだと考えられます。

 

で、仮に「僕は無職だからなぁ」とか「僕は今、金がなく、ヤバイ状況だ」とか言ったら、その知り合いは満足するでしょう。

 

しかし、僕はそういう発言は一切せず、「自分は努力家であり、読書家だ」という自己イメージがあり、だからこそやる気があがり、生産性やIQも上がり、男性ホルモンも上がり、この逆境を耐えているのです。

 

それなのに、僕の自己イメージを下げさせ、やる気を失わせる、ミスリードをその知り合い、さらにフレネミーも加担してしてくるのです。

 

これ、僕にとって何も得ないですよね?

彼らは、僕のやる気が下がったら、責任取りますかね?

取らないですよね?

 

で、彼らにとっては、「謙虚になれ!=無職だとちゃんと自己認識しろ!=身分相応に振るまえ!=男性ホルモンを出すな!=俺らの都合のいいように従順になれ!」と言っているに等しいのです。

 

僕は努力は間違いなくしているので、「努力してますよ!」といくら言っても、「結果が出てない!無職だろ!」と盛んに言ってくるわけです。

 

僕が何か発言しようものなら、「偉そうに言うな!実績も何もないくせに」という態度で、圧力をかけてくるのです。

 

「無職なら、仮に僕がかなり勉強して知識を蓄えていても、何も発言するな!そんな人の言うことなど聴けるか!」という思いなのでしょう。

 

だから、そんなに僕を見下しているなら、「僕と付き合わなければいい!」と言うと、あやふやになるのです。

それどころか、彼らはストーカー化しそうな気配なのです。

 

普通、女性がストーカーされるなら分かりますが、「男にストーカーする男なんていますかね?」って話ですが、やりそうな気配も感じられます。

フレネミーとその知り合いは、僕と縁が切れたわけですから、もう関係ないでしょう。

 

フレネミーとその知り合いで、仲良くしていればいいのです。

要は、「もう僕にかまうな!」ということを言いたいわけです。(「男だろ!」と。さらに2人とも「自分の人生に忙しいんでしょ?」と)

僕は、彼らが、この記事に反応せず、スルーすれば、それで完全におしまいにするつもりです。

さらに言うと、本番のボクシングや将棋の試合で負けたなら、「負けました!」と潔く敗北を認めるときも必要でしょう。

ですが、僕の場合、例えて言えば練習試合みたいな過程であり、しかもその知り合いなどにはまったく迷惑をかけていないのです。

 

それなのに、なぜ「謙虚になり、負け組みたいな認識を持つことを強要されるのでしょうか?

それこそ、個人の自由であり、放っておけばいい話であり、その僕の態度が嫌なら、付き合わなければいいだけの話です。

 

ともかく、明らかに、悪い点が多いのは知り合いの方で、「普通の人なら、即ブロック行き案件」であり、僕が激怒しなかっただけでもありがたいぐらいの内容です。

 

こんなことを言って、「関係を続けられる!」と思う方がおかしい感覚であり、僕が取った態度・対応は極めて、まともです。

 

それより、そこまで僕を見下しているなら、本当に「別の違う誰かと付き合っていればいい!」で終わりの話ですよ。

 

まぁ、これはプライベートの案件でしたが、誰の意見・アドバイスを聴くかはかなり重要であり、間違った人の意見を聴くと、致命傷になります。

 

フレネミーに誘導され、操作され、ミスリードされたら、損害は自分に来ます。

次に、ついでなので、過去、フレネミーが僕にしてきたミスリード案件を紹介したいと思います。

 

2 フレネミーのミスリード案件。

フレネミーがミスリードしてきた事例は以下です。

1 僕が安倍に迫害されていると知っていて、だったら、安倍に直接、会いに行き、「突撃しろ!」と言ってきた。

2 本屋でも、僕が尾行されているかも?と言ったら、その周りにいる人たちに、大声で「監視するな!」などと叫べ!と言ってきた。

3 「政府に内容証明を送れ!」と言ってきた。

4 悟りを開き、趣味などに没頭し、人生を終えれば?と言ってきた。

5 その他。(ブログ内容へのアドバイスも的外れだらけで、その通りに書いたら、酷いものになる。数え切れないほどのミスリード案件、多数)

 

1は、安倍にはSPがついているのは当たり前であり、近づけるわけがないですよね?

 

で、僕に「突撃しろ!」と言っておきながら、フレネミーが誰かから(TV局?)に迫害みたいなことを現実に受けたら、僕が「じゃ、僕に過去、アドバイスしたとおりに、TV局に突撃するんだな?」と言ったら、「する!」と言っておきながら、まったく実行しなかったのです。

 

僕にはアドバイスしておいて、自分はそれを実行しない、そんな他人事のアドバイスをしてきたのです。

 

2は、そのフレネミーもどうやら本屋などで尾行されており、僕が「周りの人に大声で叫んでみれば?」と言っても「いやー、厳しい」と言うのです。

これも、自分が実行できないアドバイスを僕に平気でしてきた件です。

 

3は、「政府に内容証明を送る金が惜しい!」と僕はいい、なぜならどうせ認められないし、無駄骨に終わる可能性大だからです。

しかし、彼は執拗に「証拠は残るし、返答しないといけない義務があるから!」と言いますが、上手くかわせられるに決まっています。

金を無駄に使うだけであり、的はずれなアドバイスです。

 

4は、悟りを開き、趣味などに没頭し、人生を終えれば、確かに搾取されなくなりますが、それだと僕の人生、完全に終わりであり、これ、他人事ですよね?

 

他にもたくさんのミスリード案件が重なり、これはさすがに無能か、もしくは「意図的に騙そうとしてきている!」と気づきました。

 

細かい件では、「自分もおっさんの仲間入りなのに、僕をさかんにおっさん呼ばわりしてくる」「薄毛いじりをさかんにしてくる」「僕とある女性の知り合いがいて、その女性に僕について悪印象を植え付けるような行為を行い、僕はその女性の知り合いと縁を切る羽目になった」などがあります。

 

まさに、フレネミーです。(こんなの味方じゃないですよね?)

 

フレネミーの具体的事例が満載で、「参考になった!」と言う人もいるでしょう。

まさに味方のフリをして、陥れてきます。

 

なので、本当に自分のためにアドバイスしてくれる相手に助言を求めないと、変な方向に誘導され、損害を被ります。

 

今回は、僕のプライベートな案件でしたが、世の中にはフレネミーが溢れています。

または、ポジショントークで、自分の都合の良いように操ろうとしている人たちで溢れています。

 

皆さんも、くれぐれもお気をつけください。

 

ではこの辺で。(4553文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・Youtube動画などを基にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

最新情報をチェックしよう!