ジャパネットタカタの髭剃り(日立製)を購入!「髭剃りメーカーは独占禁止法違反のカルテルを結んでいるのか?疑惑」

  • 2021年7月13日
  • 2021年7月14日
  • その他
  • 9view

どうも、武信です。(No1040)

 

突然ですが、以下の記事で、2021年7月13日に関電など4社がカルテルを結んでいた疑惑が報じられました。

 

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210713/2000048471.html

関電など4社カルテル結んだか 独禁法違反疑いで立ち入り検査

 

互いの顧客を獲得し合わないように申し合わせるのはカルテルで、独占禁止法違反になります。

僕は髭剃りメーカーに対して、このカルテルが結ばれているのでは?疑惑を抱いていました。

この髭剃りメーカーのカルテル疑惑について興味がある人、またはジャパネットタカタの日立製の髭剃りに興味がある人は続きをお読みください。

 

 

1 過去の記事からの引用。

 

過去、僕は以下のような髭剃りを購入してきました。

 

8 パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 お風呂剃り可 黒 ES-AST2A-K【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】【Amazon.co.jp限定】

 

2019年7月16日に届きました。(Amazonセール中に4895円で購入)

↑ 9ヶ月

2018年10月3日にも買っています。(Amazonセール中に5280円で購入)

↑ 1年と約1ヶ月

2017年9月12日にも買っています。(5780円で購入) 

 

正直、約1年しか持ちません。もっと言えば、1ヶ月ぐらいでそり味が悪くなります。(僕の髭が濃いのもあります)

ですが、これよりいい商品が分からないので3年連続で使っています。

 

現在、2019年7月16日に買った髭剃りはもう、かなり使えない状態になっております。

まだ、11月ですよ。4ヶ月しかもちません。しかし、他にいい髭剃りが分からない状態です。

 

こういう状態でしたので、2020年6月5日に新しいシェーバーをAmazonセールで4330円で買いました。(約11ヶ月)

  

「フィリップス 5000シリーズ メンズ ウェット&ドライ電気シェーバー S5050/05」

 

さすがに3年連続で失敗しているので、良いモノに出会えるか不明でしたが、冒険してみました。

以前のパナソニックのシェーバーは充電が1時間で済みましたが、今回のフィリップスは8時間も充電が必要なのがネックです。(8時間充電で30分使用可能です)

 

ですが、剃り味が悪くならないのだとしたら、パナソニックのシェーバーより安い値段ですし、良い買い物かもしれません。

現在、11日間、使用していますが、深剃りがまったくできないことに気づきました。

仕方なく、前に使っていたパナソニックを併用することにしました。

 

鼻の下と顎らへんが、深剃りできないとなると(少し経つと髭が濃くなっている)、買った意味が薄れました。

しかし、その他の周辺は剃りやすいイメージですが、このフィリップスだけでは使用に限界がありました。

 

あとは、この剃り味の耐久性がどこまで持つか?です。これで、1ヶ月か2ヶ月しか持たないとなれば、前に買っていたパナソニックの方がマシだったという結果になります。

様子見ですが、前の製品も併用するとなると、今回の買い物は失敗だったようです。 

 

電気シェーバーは良い製品がなく、消去法でパナソニックのラムダッシュを使っています。

フィリップスはイマイチで、ブラウンも聞いた話によるとイマイチなそうなので、パナソニックしかないのです。以上、ここまで。

 

このフィリップスで失敗したので、またラムダッシュに戻り、2021年12月頃に買い替えました。(約6ヶ月)

 

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 お風呂剃り可 黒 ES-ST2S-K

 

そしてら、新しいラムダッシュは何と半年しか持ちませんでした。

2021年6月22日にまた同じモノを購入しました。(約6ヶ月)

 

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 お風呂剃り可 黒 ES-ST2S-K

 

しかも、新しいモノはまだ7月13日で、1ヶ月も経っていないにの剃り味が悪いのです。

今回は約4ヶ月くらいしか持たないかもしれません。

どんどん性能が悪化しているのです。

 

使用者に聞いた話ですが、ブラウン製も良くないそうです。

フィリップスはダメ、ブラウンもおそらくダメ、パナソニックもダメとなったら、どこの髭剃りを使えばいいのでしょうか?

 

僕は疑いました。

シェーバーというのは消耗品であり、なるべく短い期間で買い替えてもらったほうがメーカーは儲かります。

だから、上記の3社でカルテルでも結んでいるのではないか?と。

 

普通はもっと剃り味がいいシェーバーを出せば、そのメーカーの一人勝ちとなります。

競争があり、より良い製品を出すから、資本主義の意義があり、世の中が良くなるのです。

 

なのに、パナソニック製に限ると、どんどん製品が悪化しているのです。

カルテルを疑わずして何だと言うのでしょうか。(あくまで僕が感じる疑惑に過ぎませんが)

 

ここで、良いシェーバーはないものか、と探していたら、以下の商品を見つけたので紹介します。

 

2 ジャパネットタカタでお勧めされている日立製のシェーバー。

 

以下の新聞記事に掲載されており、僕はわらにもすがる思いで飛びつきました。

 

f:id:masahiroK27:20210713150008p:plain

 

パナソニックのラムダッシュは7700円で買って大失敗です。

日立製は9980円でしかも4枚刃で、替刃付きで断然お得そうに見えました。

 

どうせ今使っているラムダッシュは約4ヶ月くらいしか持たないと思われるので、もうこれを買おう!と飛びつきました。

9980円に送料770円が加わり、合計10750円でした。

 

4枚刃なら、今までの3枚刃より剃りが良さそうだし、最悪半年しか持たなくても替刃があるのでさらに半年延長でき、約1年は持つだろうという計算です。

 

この日立製のシェーバーを使うのは現在使っているラムダッシュの後になりますので検証は後日になります。

ですが、4枚刃+替刃付きというのはかなりお得だと思うのです。

 

この日立製の検証次第で、つまり日立製まで剃り味が悪かったら、シェーバーというのは本来そういうモノなのか、または4社ともカルテルを結んでいるのか、果ては3社がカルテルを結んでいたけど日立だけ抜け駆けしようとしたのか、のどれかかもしれません。

 

まぁ事実はどうなのかは分かりません。

日立製が良いモノであれば今後も使っていきたいです。

 

ではこの辺で。(2818文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

最新情報をチェックしよう!