ホームレス・生活保護者どうでもいい発言のDaiGoの炎上は陰謀である!

  • 2021年8月15日
  • 2021年8月15日
  • 陰謀論
  • 40view

どうも、武信です。(No1054)

 

僕はDaiGoの炎上の件に関し、以下の2つの記事を書いてきました。

メンタリストDaiGoのホームレス・生活保護者どうでもいい発言について僕が思うこと

 

メンタリストDaiGoのホームレス・生活保護者どうでもいい発言について僕が思うこと2

 

DaiGoが8月12日から炎上してから、8月15日で4日経ちました。

 

この4日間はツイッター上やネット記事に貼り付いて、いろいろと観察していました。 

なぜなら、稀にしか起こらない事件・事例であり、いろいろな物事の本質が垣間見れるのでは?と直観的に感じたからです。

 

案の定、いろいろなことに気づき、腹落ちしました。

今回はそのことについて詳しく語っていきます。

 

また、タイトルにあるように「今回のDaiGoの炎上は陰謀である!」という件についても書いていきます。

興味がある人は続きをお読み下さい。

 

 

1 ホリエモンの考察から僕が思うこと。

 

まず、ホリエモンの動画を貼ります。

 

メンタリストDaiGo炎上の構造について解説します

 

簡単に要約します。

 

ホリエモンによると、今回のDaiGoの大炎上は以下の構造だと主張しています。

 

DaiGoを炎上させようと頑張っている人がいる。

 

皆、DaiGoの内容や真実はどうでもいい。(「ホームレスをどうでもいい発言をしたヤバイ奴なのがDaiGoだ〜」と叩きたいだけ)

 

DaiGoが解説をすればするほど炎上しますし、そのうちに擁護する人がいなくなると、TVも視聴率が取れるとなり、話題にし、さらに週刊誌(週刊文春など)がDaiGoの昔のあら捜しをして、掘り起こすと思われる。

 

DaiGoは言い訳や騒ぎすぎるのはマズイ。

 

皆、コロナなどで鬱憤が溜まっており、ストレスはけ口を探しており、DaiGoは格好のカモになった。

 

次の吊し上げを皆さんは探すのでしょうが、もうそれは辞めにしませんか? 以上、ここまで。

 

僕はこの構造はある程度、当たっていると思っています。

 

DaiGoの謝罪や真相などに関してそこまで関心がなく、差別や人権軽視などを盾に叩きやすいから叩いているのです。

 

その根拠として、DaiGoが2回も謝罪したのに、生活者困窮支援4団体がDaiGoに無茶苦茶な要求をし、しかもそれに同意している者がかなり多く、それもツイッタートレンドになったことが挙げられます。

 

加えて、生活者支援困窮団体はDaiGoの1回目の謝罪を「ポーズに過ぎない!」と断定しました。

 

DaiGoは1回目の謝罪で「ホームレスや生活保護者などの弱者への理解を深めるため、勉強します!取材先も既に見つけています!」と言ったのにも関わらず、勉強する余地すら与えなかったのです。

犯罪者でも、更生の機会を与えられるのに、犯罪を犯したわけでもないDaiGoは弱者への理解を深める勉強すら許されませんでした。

 

以下、声明文の要約を載せます。(詳しくは記事をお読み下さい)

 

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108140000457.html

声明全文「差別を煽動する明確な意図」DaiGo発言に生活困窮者支援団体

 

1 ホームレスや生活保護者に謝罪しろとか、さらに半社会的行為だと自覚した上で改めて謝罪しろ、と言っています。

 

2 菅首相に対して、DaiGoの件に触れて、「生活保護は国民の権利である」と市民に呼びかけろとも言っています。(首相案件?)

 

3 厚生労働省にも呼びかけています。(省略)

 

4 マスメディアはDaiGoの起用を控え、その発言の問題点を報道し、差別発言を許さない姿勢を明確にすること。

 

特に、2、4はメチャクチャな要求です。

 

正直、意図的に?拡散された、犯罪でもない失言レベルの行為で、首相案件にしたり、メディアの仕事を強制的に奪うことこそが人権の軽視だと思います。

 

で、これに同意するツイッター民もかなり多かったことから、ホリエモンの鬱憤が溜まっていてストレスのはけ口を探しており、内容や真相などどうでもいいが本当だったのだなと気づきました。(もちろん、弱者の反抗でもあります)

だって、真相解明が動機なら、2度の誠意ある謝罪でもう終わりになると思いますよ。

ここまでDaiGoの人権を奪う行為こそ、ナチスや集団いじめに近く、人権軽視だと思いますけどね。

 

ここからは僕の仮説になります。

ホリエモンは立場上、陰謀系の話はできなかったと思うので、僕が代わりに補足として追加したいと思います。

 

2 僕が考えるDaiGo炎上の真実。

 

タイトルにあるように、ある首謀者による陰謀というのが僕の仮説です。

どういう内容かというと、具体的な手順は想像ですが、以下の感じです。

 

前提。

DaiGoは前から、週刊誌やマスコミに敵が多いのは知られていました。また、一部の専門家も敵に回していました。さらに、DaiGoの物言いが嫌いな潜在層(and金持ちが嫌い)はけっこう多かったのです。

 

そのうえで、週刊誌かマスコミはDaiGoを陥れるチャンスをずっと窺っていました。

そんな折、辛口放送でようやくチャンスを捉え、それを記者に記事化してもらいました。

毎日新聞や他の記事が発端でしょう。

 

記事を投下後、ツイッター工作員や関係者(1人でおそらく30アカウントぐらい作り、拡散した)を使い、初期発火現象を起こさせ、トレンドにとりあえず載せました。

そして、その後、無事に一般層に拡散して、炎上しました。

 

まず、アンチ層が飛びつき、日本にいる弱者(生活保護受給者数約214万人+精神障害者約389万人やその他の弱者。ホームレスはネット環境がないので見れない)の一部が飛びつき、謎に意識高く正義面している一般層も飛びついたと推測できます。

 

「アンチ層や日本にいる弱者」は事の真偽にはそこまで関心がなく、記事や動画の切り貼りを見ただけで、嫌悪感を抱き、批判ツイートを書き込みました。(ホリエモンのいう鬱憤やストレス発散のはけ口層も含みます)

 

トレンドで、20万〜30万以上の書き込みになり、大炎上となり、それが3日以上続きました。

ツイッター工作員や関係者は引き続き、発火材料だけは点火しました。

これがホリエモンのいう炎上させたい人達です。

 

もちろん、今回の事例は差別や人権軽視など重いテーマなので、常識人のような人達は嫌悪感を露わにして反応しましたが、3日間以上も、しかも謝罪もしているのに、常識人のような人がしつこく粘着して炎上させるとはとても思えません。

つまり、ホリエモンのいうように内容や真相などどうでもいい層が残ったのです。

 

8月15日の炎上は小規模になり、約3万人レベルまで落ちました。(DaiGoが2度謝罪したので、普通の人なら収まるのです)

 

まず動機として、最優先順位がDaiGoを潰すなのです。

DaiGoを潰すのが最終目標なので、生活者困窮団体はDaiGoが謝罪しているのにも関わらず、無茶苦茶な要求を突きつけたのです。

 

ちなみに、生活者困窮団体は基本的に弱者の味方だと感じており、サイコパス度は低いと個人的に思っているのですが、サイコパスが多い記者やマスコミ関係者が知恵をつけたのだと思われます。

 

それとこの話をしたら、陰謀系の話をあまり信じない人がいて、その理由が分かりました。

彼はサイコパス度が上中下なら、下の優しい人だったのです。(カウンセラー系の資格持っているほどですから)

 

ちなみに、僕はサイコパス度が中の真ん中で、サイコパス度が上の人の気持ちも何となく分かります。

で、僕は、サイコパス度が上の記者やマスコミ関係者などが、えげつない行為をしたと見抜くことができたのです。

 

サイコパス度が低い優しい人は、まさかそんな汚いことを平気でやれるとは想像できないのです。

しかし、スノーデン氏の事例のように、世の中は汚いことが平然と行われていました。(この事実を知っていても、なぜか、サイコパス度が低い人は権力者らがえげつないことを平然とするのが想像できないようです)

 

あと、炎上中、批判ツイートをかなり読みましたが、的外れな意見も多かったですし、8、9割が批判でした。

擁護コメントはほぼなかったのです。

 

DaiGoファンでも、ここまで擁護コメントが少ないと、心を痛め、ツイッターを離れると体感しました。

同調圧力がものすごく、これこそナチスや集団いじめに近く、反論や異論はかき消されるような雰囲気でした。

 

DaiGoファンは良識派が多く、心を痛めたでしょうし、さらに擁護コメントもしなくなり(ツイッター離れた?)、だからこそ8、9割の批判ツイートだらけ(もちろん、アンチや工作員のツイート含む。弱者も当然含む)になったのだと推測できます。

 

DaiGoを潰すのが目的・最優先の首謀者の思い通りの展開になりました。

 

そして、TV局ではやはり安倍派のフジテレビ(ワイドナショー)が8月15日に、取り上げました。

 

8月15日現在、4日間も炎上が続きましたが、もうほとんどの人はDaiGoの件は無関心になっていると思います。

まだ燃やしている連中は、アンチや工作員や常識人じゃない層(弱者含む) です。

一般層は普通は普段の生活が忙しく、飽きますから。

 

また、弱者の人達は「DaiGoは弱者への共感力、想像力がない」とか言っていますが、ここまでの集団いじめをしているいることからも、逆に、「強者への共感力、想像力もなく、どちらかといえばテイカー思考が強い」と思われます。

 

強者からはいくらでもぶんどってもいいと思っているからこそ、先ほどの生活者困窮団体の無茶苦茶な要求とそれに同意する人達による、DaiGoの人権軽視な主張が出てくるのです。

 

さらに、ここは強調しますが、DaiGoは犯罪を犯したわけでもなく、公共の電波の場所で話したわけでもなく、しかもいわばYouTube上での陰口?を勝手に記事化され、意図的に拡散され、首相案件やマスメディアでの仕事を奪うなどのDaiGoの人権軽視まで発展しました。

 

明らかに、行き過ぎ・やり過ぎであり、ここまで極端な酷い事例は僕の観察する限り、見たことがありません。

 

こんなことを許せば、それこそ、これから成り上がろうとする人達の脅威となりますし、萎縮につながります。

 

まぁ大半の野心のない人達にとってはどうでもいいことであり、所詮、他人事であり、他人事で自分が当事者にならないと確信しているからこそ、余計にストレスのはけ口として叩くのでしょうけどね。(というより、上記で挙げたアンチや弱者らによる書き込みが多いと思われますが)

 

ですが、高額納税者が増えた方が、福祉に金が周り、弱者も恩恵を受けると思うのですけどねー。

 

さて、生活者困窮4団体のイメージが今回の件で、僕にとってはめちゃくちゃ悪くなりました。

 

以下、名称を載せておきます。

「生活保護問題対策全国会議」

「一般社団法人つくろい東京ファンド」

「新型コロナ災害緊急アクション」

「一般社団法人反貧困ネットワーク」

 

焚き付けた連中(記者やマスコミ関係?)がいたのだと推察しますが、それに乗るのもどうかなと思います。

 

とにかく、今回のDaiGoの大炎上の件では、意図的に炎上させようとした首謀者がいたということです。

だから陰謀なのです。

もちろん、アンチや弱者などを大いに上手く巻き込んだので大成功したのですが。

 

この意見に賛同する人もいれば、賛同しない人もいるでしょうが、それは各自の自由です。

あくまで僕の仮説であり、推測ですので。

では失礼します。

 

ではこの辺で。(4999文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

最新情報をチェックしよう!