有名人・芸能人と一般人の違いとは?「有名人・芸能人だって普通の人である」

どうも、武信です。(No836)

 

「有名人・芸能人と一般人の違いっていったい何だろう?」と思ったことはありませんか?

 

今回はこのテーマについて深堀りして考察していきたいと思います。

興味がある人は続きをお読みください。

 

1 有名人・芸能人と一般人の定義。

 

まず、有名人と芸能人の定義をしっかりしておきましょう。

 

 

「芸能人」「タレント」「有名人」の違いというタイトルの記事から一部、引用します。

 

芸能人は「芸能を職業とする人の総称」で、俳優・芸人・歌手・ミュージシャン・アイドル・ファッションモデル・フリーアナウンサーなど、その範囲は広い。

 

タレントは「才能」「技能」の意味から、「才能のある人」「芸能人」を指すようになった言葉で、芸能人とほぼ同じ意味で使われる。

 

有名人は「世間に名が知られている人のことで、芸能人に限らず、スポーツ選手や文化人など」も意味する。以上、ここまで。

 

もっと詳しい定義については記事をお読みください。

 

芸能人は言葉の範囲が広く、タレントはほぼ芸能人と一緒であり、有名人は「スポーツ選手や文化人も指す世間に名の知られている人」ということですね。

 

一般人は以下の記事に定義が書かれていました。

 

https://dic.nicovideo.jp/a/%E4%B8%80%E8%88%AC%E4%BA%BA

 

つまり「私人」や「民間人」という意味もありますし、「メディアでの露出が基本的にない人」を一般人と指すようです。

 

このことから有名人・芸能人と一般人の違いが見えてきました。

 

2 有名人・芸能人と一般人の違いとは?

 

つまり、有名人・芸能人共に「メディア(特にTV局)に露出している人」のことを指しており、

一般人は「メディアに露出していない人」だったのです。

 

特に、有名人になるためには大手TV局に長期間に渡って出演していなければ全国的に知名度が上がりませんから、有名人とは「TV局で起用され続け、しかもある程度の実績を上げた人」ということになります。

 

また、メディア(特にTV局)に出るということは基本的には外見がそれなりに良い人が前提です。(お笑い芸人などは例外)

 

芸能界で整形が流行っているか、周知の事実なのは外見が重要視される世界だからです。(高い美容器具やダイエットのサポートなども充実しているのが芸能界です)

 

TVに映る、つまりカメラに映る仕事が有名人、または芸能人になります。

 

中田敦彦氏が言ってましたが普通の人はカメラに長期間映るのは苦痛であり、「有名人・芸能人の仕事は異常だ」とのことでした。

 

「カメラに長期間映る」という行為に慣れていないのが一般人なのです。

 

さらに言えることは有名人の場合長期に渡って活躍したことにより、ある程度の財産を築いている点でしょう。

 

しかし、その財産も有名税というか有名になったことで日本中を気軽に出歩けなくなり(ファンや世間の人から声をかけられる)、住む場所もセキュリティをしっかりしておかないと危険であります。

 

なので、財産を築いたといっても住居代はかさみますし、週刊紙には追われ、プライバシーが少なくなり、行動の自由さが減るというデメリットがあります。

 

CM契約などすれば企業のイメージを下げるような行為は慎まなければならず、もし事件でも起こそうものなら損害賠償ものでしょう。

 

有名人は、

1 全国的な知名度ある程度外見がいい

2 ある程度の財産は持っている

といえます。

 

それらを獲得した代わりに、

1 行動の自由を奪われる(CM契約+世間の人からの視線+週刊紙など)

2 住居費や美容など金がかかる 

のです。

 

芸能人の場合、有名人ほど上記のモノを獲得していない可能性もありますし、デメリットも有名人ほどはないかもしれません。

 

芸能人と言っても「無名芸能人や一時的に流行る一発屋のような芸能人」は有名人ほどのメリット・デメリットに晒されていないでしょう。

 

では、さらに一般人との違いを考察していきます。

 

3 有名人・芸能人と一般人の違いとは?2

 

今までの話を簡単におさらいしておきます。

 

有名人・芸能人と一般人の違いを簡単に述べるならば、

メディア(TV局)に露出しているか?(カメラに映る仕事か?)

というモノでした。

 

メディアに露出することでメリット・デメリットが存在するという話でした。

 

逆に言えば一般人はメディア(TV局)に露出していないので「上記の有名人が晒されるようなメリット・デメリットがない」ということになります。

 

つまり、

1 全国の人に知られていない

2 外見の良さは保証されていない

3 財産も保証されていない 

ということです。

 

1 行動の自由さはある(CM契約なし+世間の人の視線関係なし+週刊紙に追われない)

2 住居費や美容などに金をかけなくてもいい 

のです。

 

この違いがあるだけなので学力や能力については有名人・芸能人と一般人では大きく差があるわけでもなく、さらに特殊な才能(芸能スキル)では一般人と差がありますが、それだけということになります。

 

そもそも「TV映えするスキル」は限られており、「お笑い・話術・音楽・スポーツ・映像系など」限定されます。

 

最近は高学歴芸能人も増えてきており、学力という面では芸能人も頭が良くなっているようです。

 

しかし、基本的に有名人・芸能人と一般人とで「人間的能力にそこまで差があるとは限らない」と思います。

 

確実に言えることは有名人・芸能人はカメラに映る仕事だけあって「知名度があり、容姿が比較的よく、金もある程度あり、特殊な芸能スキルは持ち合わせている」という点です。

 

逆に、一般人の場合、確実に言えることは「知名度が弱く、容姿もばらつきがあり、金もばらつきがあり、能力もばらつきがある」ということが言えます。

 

 有名人・芸能人と一般人の違いがある程度、明確化されましたね。

 

4 僕の事例。

 

ここからは僕の事例を書きます。

 

陰謀論めいたことを書きますが、あまり気にしないでください。

 

僕はブログ記事でフィクサー(影で影響力ある人)だと暴露していますが、表立っている有名人や芸能人とはメリット・デメリットで一線を画していると思われます。

 

フィクサーに限らず、プロ一般人(有名人・芸能人並みの能力がある人)の事例にも応用できそうです。

 

では、まとめてみます。

 

フィクサーやプロ一般人は、

1 全国の人に知られていない(一部の有力者やメディアなどに知られている)

2 外見の良さは保証されていない(有名人・芸能人と恋愛・結婚できるなら、普通レベルは担保されている)

3 財産も保証されていない(僕は財産はありません。プロ一般人は知りません) 

という構図です。

 

フィクサーやプロ一般人になったことで、

1 行動の自由さはある(CM契約なし+世間の人の視線関係なし。ただし、メディアと週刊紙には追われる)

2 住居費や美容などに金をかけなくてもいい(これは一概に言えない)

という特徴が出てきます。

 

学力と能力については学力はバラバラでしょうが(僕は学歴は日東駒専に現役で合格レベル)、能力はかなり高いと思われます。

 

能力がかなり高いからこそフィクサーやプロ一般人の立場を獲得したのですから。

 

なのでメディアや週刊紙に陰で追われるのです。(表立っては記事化されませんが)

 

また、芸能人が持っている芸能スキルを「フィクサーやプロ一般人が獲得しているとは限らない」点も付け加えておきます。

 

今回はフィクサーやプロ一般人の分析も加え、他記事と差別化しました。

 

参考になれば幸いです。

 

5 DaiGoの話。

 

最後にDaiGoの話を付け加えます。

 

DaiGoによれば芸能人の友達は「古市くんや佐藤健くんがいる」と言います。

 

DaiGoはいろんな芸能人を見てきて思ったことがあり、それは「芸能人はいろいろな挫折や裏切りに遭いまくり、苦労しているので、面白い人が多い」という話です。

 

そして、いろいろな批判を芸能人に対してする人がいますが、その批判者が芸能人になったら1ヶ月も持たない(正確な期間は忘れた)といいます。

 

僕も同感ですね。

 

結局、外野の人は自分が当事者になってもいないうちから苦労も大して理解せずに批判しているに過ぎない残念な人達ということです。

 

もう1回言います。残念な人達ですね。

 

そして、こういう人達とはあまり関わらない方が無難だと思います。

 

他人の苦労が分かる人は自分も壮絶な苦労をした人です。

 

想像を絶する苦労をした人か、共感力が高い人なら他人を想像でき、そこまで執拗に批判しないと思いますね。

 

大して苦労をしていないか、共感力が低い人達が自分より格上の人を引きずり下ろすためにせっせと批判しているに過ぎない、つまり残念な人達ということです。

 

もちろん給料分働いていない、または高い地位に見合った能力がない、政治家や社長、さらには地位が低いですが従業員などは批判されても仕方ないと思いますけどね。

 

さて、DaiGoが唯一尊敬していた飲食店チェーンの社長さんが神里隆さんですが、残念ながら亡くなってしまったようです。

 

DaiGoは苦労人だと思いますので今後も頑張ってもらいたいです。

 

ではこの辺で。(3996文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

最新情報をチェックしよう!