CATEGORY

哲学

「アイデアに価値がない」の大嘘。

どうも、武信です。(No942)   以下の記事で、僕は「アイデア・情報に価値がない」というテーマについて深く考察しました。   アイデア・情報に価値はない「何を言うのか、誰が言うのかの理論」   そして、ホリエモンも「アイデアに価値はない」と言っているようです。   以下の動画で、マナブさんもホリエモンの「アイデアに価値がない」という意見に同調しています。 https://www.youtube […]

公開討論会での目指す国家像「僕の目指す国家像2 さらに説得力が高まる論拠をつける&あなたのビジネス・人生に役立ちます!」

どうも、武信です。(No928)   前回の記事で、僕の目指す国家像のキャッチフレーズを明らかにしました。   公開討論会での目指す国家像「僕の目指す国家像」   この記事で、僕の目指す国家像のキャッチフレーズは、以下だと述べました。 「強い、面白い、優しい国」。   詳しい意図も、前回の記事では述べましたが、さらに説得力が高まる論拠を付け加えたいと思います。   「世界観をつくる 「感性☓知性」 […]

公開討論会での目指す国家像「僕の目指す国家像」

どうも、武信です。(No927)   以下の記事で、2020年9月12日での公開討論会での「菅さん、岸田さん、石破さん」の目指す国家像がボードに書かれて、表示されていました。   https://news.yahoo.co.jp/articles/12a2566079d4fd6fe61642b1785b216beb85ee94/images/000   目指す国家像は以下。   岸田さん。 「論語 […]

人類共存・多様性の意味とは?「人類、皆が分かり合うことはない。だが、頷くことはできる」

どうも、武信です。(No925)     突然ですが、「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」という言葉は実は進化論を提唱したダーウィンの言葉ではないらしいです。   しかも、この解釈は都合よく使われています。   企業などでも「時代の変化に対応できた会社だけが生き延びた!」というように捉えられがちです。   […]

個人理念と企業理念とは?「仕事で重要なのは、理念(個人理念と企業理念がシンクロする箇所)の共有である!」

どうも、武信です。(No874) 突然ですが、皆さんは理念には2つ種類があり、「個人理念」と「企業理念」があることを知っていますか? 「企業理念」は有名ですが、「個人理念」という概念はあまり知らない人も多いかと思います。 「企業理念」は、 「その「企業」のすべての活動や選択の動機・基準」です。 「個人理念」は、「 その「個人」のすべての活動や選択の動機・基準」です。 要するに、「個人理念」とは「自 […]

目に見えない世界を軽視する人たち PART2

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No745) 前回の記事が以下です。 https://hontonomedia.com/peoplewhodisregardinvisiblethingspart1/ 皆さんは、目に見える世界と、目に見えない世界について知っていますか? 世の中には目に見えない世界があり、それは裏の世界(陰謀など含む)や、構 […]

プラグマティズムの意味「生きていくために学ぶのが最優先じゃないのか?」

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No672)  2017年の記事です。 生きていく上での、知識や技能を学ぶのは金を稼ぎ、自立する上では重要でしょう。 今回はそういう「生きていくための知識や技能を学ぶことが最優先じゃないの?」というテーマで書いていきます。 世の中には「生きていくための知識や技能」を軽視している人もいるのです。 こ […]

自分の基準が当たり前ではない論「人は落差を感じて初めて認識する」

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No654) 2017年の記事です。 人は落差を感じたときに初めて、いろいろなことを認識します。 この表現だけだと抽象的でよくわからない人も多いでしょうが、記事でもう少し具体的に話していきます。 興味がある人は、続きをお読みください。 1 自分の基準が当たり前となる現実。 人は環境に慣れる生き物です。 例え […]

幸福論「最上位層に幸福を据えている人はほぼ凡人」

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No541) 2017年の記事です。 「幸福を第一に考えてはいけないの?」と直感的に感じた人もいるかもしれませんが、その点について深く考察していきます。 興味がある人は、続きをお読みください。 1 前置き。 「自分の幸福とは何か?」を考える哲学系の人を僕は散々、「有用性が低いことをしている人」と書きました。 […]

哲学の意味とは?「僕の人生哲学」

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No529) 2017年の記事です。(2019年10月に追記しました) あくまで僕個人の人生哲学であり、皆さんに当てはまるかどうか?は不明です。 個人の人生哲学として、話を聞いてもらえたらと思います。 皆さんに参考になる点も、あるかもしれません。 人生哲学が、ある程度、確立していると迷いがなくなり、精神的に […]

プラグマティズムの意味「僕は実用主義者である」

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No527) 2017年の記事です。 実用主義者と聞いて、皆さんはどんな人だと思いますか? 「プラグマティズムの人か。。」、と知っている人もいれば、「想像がつかない」という人もいるでしょう。 今回は実用主義の思想を、僕なりに噛み砕いて、僕の事例で語っていきます。 「どういう思想なのか?」興味が湧いた方は、続 […]

自分ファースト論「世界平和より自分・自国ファースト」

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No447)  2019年6月7日の記事かな。(2018年かも。記憶が定かではありません) 僕は今まで世界平和というか、日本の国益について考え、政府やメディアらを潤してきました。 僕の本「フィクサーによる日本の教育改革本」はその一例ですし、実際に僕が本を書き始めたのと連動して、教育改革が始まってい […]

主観と客観について「主観が強い人と客観が強い人」

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No360)   主観の世界で話す人とは、つまり、「自分の好みや好き嫌いで話す人」のことを言います。 「僕はこれが好きなんだけど、あなたもそう思う?」という人です。 対して、客観的に話す人とは、つまり、「科学的根拠や統計データを基に話す人」のことです。 「僕の好みや好き嫌いより、真理や真実がどうなっているの […]

人を評価することの難しさ「本、仕事、Youtubeなど、あらゆることの評価の難しさ」

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No266) 突然ですが、人は皆、「独自の評価基準」を持っています。 その「独自の評価基準」は、自分の人生経験や読書など、あらゆるものから形作られます。 皆、独自のモノサシ、つまりサングラスをかけて、世の中を見て、評価を下すわけです。 こういう評価基準は、大学入試のセンター試験のように点数化して、定量化でき […]