陰謀とは?「僕の周りの人達が攻撃された!えげつない手口」

どうも、「ホントのメディア」~自由人のための起業・フリーランス・副業塾~運営者の武信です。(No843)

突然ですが、皆さんは陰謀に興味がありますか?

大半の人は「自分には関係ない話だ」と思っていることでしょう。

ですが、今回は陰謀は実は大物だけでなく「庶民にも大いに関係し、身近なところにあるのだよ」という点を詳しく解説したいと思います。

陰謀は他人事ではないのです。

興味がある人は続きをお読みください。

1 陰謀の定義とは?

陰謀の定義とは、「人に知られないように練る計画のこと」であり、極秘裏に、計画を練ることです。

陰謀は、相手や世間に知られてしまえば、それは陰謀ではなくなり、効力を失います。

あくまで「相手や世間に知られずに、相手や世間を陥れる行為」のことを指すのです。

または、相手の、自分たちを陥れようとする極秘計画を見破り、それを陰謀と称し、発表したりすることはあるでしょう。

陰謀は知られないからこそ、陰謀なわけであり、仮に陰謀が成功したら、革命などと称され、成功例とされることもありえます。

陰謀は基本的には権力争いの象徴です。

首相や君主は、陰謀を計られることに最新の注意を払わないと生き延びられません。

陰謀は、ばれないように秘密裏に行われます。

しかし、僕は陰謀への対抗の仕方を覚えました。

それは陰謀を暴露することです。

陰謀は知れ渡ってしまえば、効力を失います。

普通は陰謀は巧妙に隠されますが、その陰謀を間接証拠や推測により、暴いてしまうのです。

陰謀を企てている側がこれをやられると、計画が露見してしまうため、ダメージがでかいのです。

今回は、さらに、僕が2020年6月22日、23日に遭遇した陰謀(というか僕は暴露します)の詳細を話します。

2 僕が遭遇した陰謀とは?

僕は2020年6月21日に以下の記事を投稿しました。

この記事が、安倍首相のことを指していると言われても仕方ないかもしれません。

僕は安倍政権に迫害されたと思っているので「ブラックユーモアぐらい書かせてくれよ」と思い、記事化しました。

で、後で、政治家はYoutube動画拡散などをやられる可能性があるし、「安倍さんには発言を慎んでほしい」というメッセージを込めた、と書くつもりでした。

ですが、まだ記事化していなかったうちに、6月22日、23日に以下のことが起きたのです。

それは僕のネット知り合い2名が、攻撃されるという話になります。

僕の知り合いの1人の士業の人には、電話がかかってきて、電話相手から「ツイッターを全部見てるぞ、監視してるぞ」と言われたそうです。

また、その電話相手は自身のYoutube上で、「その士業の人の実名」まで言うつもりだったようですが、士業の人は「全て、録音している。もし実名を出したら、内容証明を送るし、弁護士に相談する」などツイッター上でツイートし、実名暴露は免れたようです。

ですが、その電話相手はYoutube上で士業の悪口を言い、それを士業の人は録音したとのことです。

この出来事が、2020年6月22日に起き、そのときは「士業の人も大変だなぁ」ぐらいにしか思っていませんでした。

ですが、次に、起きたのが2020年6月23日の夜中であり、僕のネット知り合いの女性に対してでした。

僕のネット知り合いの女性に対し、その女性のリアルの電話番号を入手し、非通知で卑猥な電話をかけてきたのです。

このことをネットの知り合いの女性から、スカイプで連絡をもらい、知りました。

僕は、ここでピンと来ました。

昔は僕自身を攻撃したこともありましたが、僕は今はメンタル的にタフになり、「攻撃しても大した効果がない」と仕掛ける側が思い、「僕の周りの人を攻撃し始めたのでは?仮説」です。

僕を直接、攻撃するより、僕の周りの人を攻撃した方が僕にはダメージがでかいのです。

では、いったい誰が、僕の周りを攻撃したのでしょうか?

士業やネットの知り合いの女性に電話をかけてきた人達は下っ端に過ぎず、兵隊であり、黒幕が必ずいます。

では誰なのでしょうか?

僕は最初は、安倍首相側の人間だと思いました。

なぜなら、僕は安倍首相をブラックジョークのネタにして記事化していたからです。

ですが、奇妙にも思いました。

ここまで直接的な攻撃を僕に仕掛けたら、僕が反安倍になることは確実であり、「安倍首相にとっても嫌なのでは?」と感じたからです。

もちろん、安倍首相側が攻撃してきたと考えるのが普通は妥当ですが、僕はおかしいと思いました。

で、考えたのが、反安倍側の勢力、つまり、石破さん側か、反安倍連合なのかな、と。

「え?」と皆さん、思ったことでしょう。

どうして、そのような理屈になるのか?と。

それは、僕が安倍首相をブラックジョーク化したことをきっかけに、反安倍勢力が僕を、安倍首相側が攻撃したと思わせて、「僕を反安倍にしたかった」と直観したということになります。

つまり、「9.11の自作自演説」と似ています。

世界貿易センタービルに、ハイジャックされた飛行機が、追突しましたが、これを実はアメリカ側は事前に察知していたという説もあり、わざと攻撃させることにより、反イラク感情にアメリカ国民を導き、戦争まで導いたとも推測できるからです。

真珠湾攻撃も似たような説があります。

要するに、「僕を反安倍派にしたかった勢力」がいて、それは反安倍勢力であり、「安倍首相側が僕を攻撃したと見せかけた」という考えも十分、考えられるのです。

陰謀とは、このように複雑です。

例えば、僕が長年、不遇の身に甘んじた理由として、もしかしたら安倍首相がやったことではなく、側近のNo.2などが安倍首相に「僕は安倍首相に反抗的な奴だ!」とそそのかし、僕の出世が阻まれ、実際に僕は怒ったわけで、側近は安倍首相に「どうですか?私の言った通りでしょう?」と言っていた可能性すらあるのです。

側近のNo.2は自分よりも能力がある人が出世するのを極度に嫌うので、このように嘘の情報を流し、出世しそうなやつを潰すのです。

別に、僕の例じゃなくても、世の中にはこういう風に、社長などに、周りの人間や側近がそそのかす事例は枚挙に暇がないと思います。

ともかく「僕の周りの人が攻撃されたのは事実だ」ということは言えます。

そして、僕を攻撃したのは普通に考えたら、権力側なので「権力側が僕を認めた」ということにもなります。

「僕の影響力を利用したかった」「僕を味方につけたかった」勢力がいたということです。

今後、さらなる僕の身内や知り合いに、攻撃が起こるかもしれません。

起こったら、また記事化して、皆さんに知らせます。

権力側のえげつないやり方を知ってください。

世の中、ドロドロとしています。

最後に、僕を直接攻撃しなかったのは、もしかしたら、僕を味方につけたかったからが最大の理由であり、僕には恨みがなかったからかもしれません。

となれば、反安倍勢力がやった可能性も残るのかなと。

普通に考えたら、安倍首相側の攻撃になるのですが、わざわざ自分の敵を増やす行動をするのか?と思うと、たぶん、しないと思うんですよね。

ですが、安倍首相はスルーするかもしれませんが、安倍首相の側近や周りの人達がしでかす可能性は残りますね。

僕は陰謀をかなり見抜いてしまうのですが、真相は不明です。

あくまで、こういう見方があるのだな、と思ってもらえたら、と思います。

3 2020年6月24日追記。

記事を書いたのが6月23日でしたが、6月24日は、僕の家にいたずら行為が行われました。

それはピンポンダッシュです。

午前中に2回、昼に10分の間に3回やられました。

今まで、こんなことはほぼされていませんでしたから、明らかに嫌がらせです。

しかも、僕はピンポンが部屋にいるので聞こえないですが、親には聞こえるという巧妙ないたずらです。

僕の親にいたずら行為を行っているのです。

どうですか?安倍首相をブラックジョークで表現したら、こういうことをやられるのです。

これが日本の現実です。

誰が攻撃しているのか?未だ不明ですが、とにかく、攻撃されていることは間違いありません。

けっこう露骨にやってきてます。

今後も、何かやられたら、更新していく予定です。

ではこの辺で。(3668文字)

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・Youtube動画などを基にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

最新情報をチェックしよう!